看護師と助産師の違いとは?

助産師ってどういう人?

あまり助産師について知らない人も多いかもしれませんが、助産師になるには看護師の資格が必要です。
つまり医療知識や看護知識については看護師レベルはクリアしているという状態です。
さらに分娩に関する知識や新生児に関する知識を勉強して助産師になっています。

 

実際に産婦人科においては助産師の立場は大きなものです。
助産師は医師がいなくても分娩を行うことができますので、妊婦さんにとっては一番頼れる存在となることが多いのです。

 

産婦人科で働く看護師

かといって看護師が必要ないということではありません。
「産婦人科でのお仕事は?」であげたように、看護師の仕事も沢山あります。
実際に分娩室に入ることもありますし、新生児のお世話をすることもあります。
赤ちゃんが好きな人、やりがいのある仕事をしたい看護師さんにとってはピッタリの職場ではないでしょうか。

 

ただし、産婦人科では他の科では見られない、看護師対助産師といった対立がある場合もあります。
やはり実際の現場での立場は助産師の方が強くなりますので、看護師を下に見る助産師も多いようです。
この辺りは病院の雰囲気などによってもずい分違ってくるようですね。
産婦人科で看護師として働くのであれば、医師・助産師にしっかりと従う心構えが必要かもしれません。
一般の病院などでは看護師は強い立場にいますので、そういった環境に慣れている人は、始めのうちは戸惑ってしまうかもしれません。

 

看護師と助産師の違い

助産師にできて看護師にできないことの方が産婦人科には多いです。
もちろん待遇面でも助産師の方が良くなっているのが一般的です。
ただし助産師は産婦人科や助産院が仕事場となります。
一般の看護師のように様々な科へ移るようなことはありません。

 

産婦人科においては細かく助産師と看護師の仕事が分けられている訳ではありませんが、産婦人科のメインである分娩に関わることに関しては助産師のみが行います。
看護師はその後の新生児や褥婦さんのお世話という感じになります。
助産師は「お産のお手伝い」看護師はその前後の「看護」といったイメージになります。
もちろん患者さん・妊婦さんから見たらほとんど違いは分からないと思います。

 

産婦人科で働くメリット

看護師の中でもずっと産婦人科で働きたいという人には、いずれ助産師の資格を取ることを考えた方が良いでしょう。
助産師になるとできる仕事の幅が広がりますし、給料も高くなる場合が多いです。
新生児に関わりたい、出産の現場に立ち会っていきたいという看護師さんにとっては、助産師は目標となる存在でしょう。