産婦人科の資格も取得して、いざ働くことを決めたとしても、実際に働くとなると職場によって仕事のやり方も若干違っていますし、本番になると実力を発揮できない事もあります。
患者さんの身体の状態によってもケアや治療の仕方も違っていますし、症状や治療の目的によっても違います。
そのため、これまで勉強したことや練習してきた事の応用を効かせる必要があるかもしれません。
看護師を志しているのでしたら、仕事内容を把握しておく必要があります。

 

看護師の仕事内容

 

産婦人科で働く看護師は様々な仕事があります。
血液検査、尿検査の指示、手術の解除、血液検査、薬の指導、新生児のおむつ交換、体調管理など様々な仕事があります。
また、仕事内容が多くあるだけでなく、仕事のやり方が多少違っている事がありますので、転職する時などは以前の職場との違いなどを事前に確認してから行動しましょう。

 

それから、勤務体系によっても仕事内容も違っています。
産婦人科で働く時、入院患者がいるのであれば、定期的な見周りをしなければなりませんし、何らかの異常があれば先生に連絡したり、応急処置が必要な時もあります。
どのように働くのかでも、仕事内容が違っています。

 

産婦人科の日中と夜の仕事の違い

 

上記でも若干触れたのですが、日勤と夜勤では仕事内容が違っています。
得意な仕事や苦手な仕事などがある場合は、働き方も考えた方が良いかもしれません。

 

・日勤の仕事
日勤は外来に来た患者さんを診察しやすいようにしたり、処置を手伝うなどの仕事があります。
それから、医師に指示された場合には、血液採取をする事もあります。
来院した時に、患者さんの様子が悪いと横にするように促したり、何らかの処置をしなければなりません。
入院患者がいる場合には、患者の体調を管理したり、必要に応じて薬の投与や与える薬の説明などが必要になります。
また、赤ちゃんの面倒や体調管理などをします。

 

・夜勤の仕事
夜勤では、眠っている患者の様子を見て回ったり、新生児を見て回ります。
場合によってはミルクを与えたり、おむつ交換をする必要もあります。
それから、入院患者だけでなく、夜に産気付く事もありますので、その場合にはすぐに手術をする準備をしなければなりません。

 

労働する時間によって、生活リズムなども変わってきますので、仕事内容だけでなく、どのように生活していきたいのかでも、労働の仕方を変える必要があります。
もちろんですが、夜勤で働く方が収入が高くなりますので、高い収入を得たいと思っているのでしたら、夜勤がお勧めです。
ライフスタイルなどを視野に入れて、労働時間を決めてください。