男性看護師でも産婦人科で働ける?

産婦人科と言えば、女性が患者さんとして診てもらう場所ですし、見てもらう場所も性器や胸などさらけ出したり、触診させなければならない場合もあります。
そのため、女性看護師が多いというイメージを持っている人もいいるかもしれませんが、男性看護師でも産婦人科で働く事はできます。
ただ、患者として来院する女性としてはあまり快く思っていない事も多いようです。

 

女性が快く思っていない理由

 

男性からしてみると、ただ単に女性のために産婦人科で働く事を目指したのかもしれないのですが、やはり、女性にとっては相談しにくかったり、見せたくないという気持ちが強いようです。
女性が男性看護師に抱いている気持ちは様々です。

 

・抵抗がある
自分の性器をあまり知らない男性に見せなければならないというのは、非常に強い抵抗があるようです。
また、場合によっては触診のために指を入れられる事もあります。
そのため、人によっては男性看護師がいない産婦人科を選ぶ女性もいます。

 

・女性の気持ちを理解していない
女性がどれだけ辛い思いをしているとか、どれだけ悩んでいるのかというのを理解していない男性看護師もいると言われています。
本来であればいたわってほしいとか、理解してほしいと思っていることでも、「大丈夫でしょう」という一言で片づけられてしまう事もあります。
また、妊娠している苦しみを理解していなかったり、子どもがちゃんと生まれてくるのかという不安を分かっていない事もあります。
女性にとって、気持ちを理解してもらえないというのは、大きな負担になってしまいます。
特に、妊娠中は精神的に不安定になっている事もありますので、専門家に的確なアドバイスを求める人も多いでしょう。
そのことを踏まえると、同じ女性の方が気持ちを理解しやすいのかもしれません。

 

産婦人科で働くには、何らかの理由や志があって産婦人科で働いているのですが、女性に理解される事は難しいです。
また、理解しているとしても、生理的に受け付けられない女性も多いようです。
女性だけでなく、そのパートナーとしても他の男性に、自分の妻のプライベートな部分を見てほしくないという強い思いがある人もいるため、男性看護師は避けられる傾向にあります。

 

とはいえ、病院側からしてみると、体力のある男性看護師を必要としているところは多くあります。
現在は産婦人科の先生も少なく、女性ばかり産婦人科を回していくというのは、非常に難しいです。
女性は男性と比べると比較的体力がないため、男性の看護師は割と重宝される傾向にあります。
患者さんからは避けられるのですが、病院側からは必要とされると言った、アンバランスな環境にいるため、産婦人科で働く場合は、ある程度割切っていた方が良いかもしれません。